愛液少な目女子が知っておきたいこと

愛液少な目女子が知っておきたい5つのこと

愛液が少な目でエッチのときに濡れにくい(すぐに乾いてしまう)と困ってしまいますよね。
相手に悪いような気もしますし、不感症気味の自分が悪いみたいな…。

 

そもそも愛液って何なのか、ちょっと調べてみました。

 

愛液が少ないと妊娠しにくい

愛液が少な目だと妊娠もしにくくなってしまいます。
愛液には膣内の酸性度を下げる役割があり、それによってアルカリ性の精液が子宮に届きやすくなるとか。

 

子供が欲しいと思っている人には大きな問題ですね。

 

過度のダイエットで愛液が少なくなってしまう

過度のダイエットをすることで愛液が少なくなってしまうことあるそうです。ホルモンバランスが崩れることによる影響だとか。

 

どのぐらいが過度のダイエットになるかは体質によっても異なり、汗をかきにくい人はちょっとしたダイエットでも影響が出るので気を付けたほうがよさそうです。

 

体内の水分が不足すると愛液も少なめに

体内の水分が不足すると愛液も少なめになります。あたり前ですが意外と忘れがち。

 

エッチがお仕事のAV女優さんは本番前にかなりの量の水分を補給しているそうです。少な目だと思ったら、こまめに水分補給をするのがイイかもしれません。

 

風邪薬や花粉症の薬で愛液が少なくるることがある

一部の風邪薬や花粉症対策の薬には愛液の分泌を少なくしてしまう副作用があるそうです。抗ヒスタミン薬といったものがそれ。

 

睡眠薬に含まれていることもあるので、何らかの薬を日常的に使用している人はチェックしてみてください。

 

最初から濡れにくい人はラブコスメも

愛液がもともと少なめで最初から濡れにくいという人はラブコスメ(下記のリュイールホット)を使ってみることもオススメ。

 

ローションとは違って、あらかじめ女子のデリケートなところに塗っていおくことで、エッチのときに濡れやすくなってくるアイテムです。

 

体験談など気になる方はチェックしてみてください。

 

リュイールホット

 

page top