気になる一人エッチのやり方は…

濡れやすくなるための一人エッチのやり方

ひとりエッチをやりすぎてしまうと感じにくくなってホントのエッチのときに濡れにくくなってしまうと思っている人もいるかもしれませんが間違いです。むしろ逆効果。

 

女性の場合は、ひとりエッチをまったくしていないと、カラダのスイッチが入りにくくなって、エッチのときに濡れにくくなってしまうものです。

 

ただ、どんなやり方でもイイというわけではありません。エッチのときに濡れやすいカラダになる一人エッチの仕方を紹介したいと思います。

 

バリエーションを豊富にする

一人エッチの仕方で大切なのは、できるだけやり方に変化をつけるということです。いつも同じやり方というのはキケン。

 

そのやり方でしか感じない(イケない)カラダになってしまうからです。これではエッチのときに濡れにくくなってしまいます。

 

女性は全身が性感帯

 

よく言われますよね。
実際にどうですか?

 

自分のカラダで感じる場所は何か所ぐらいあるでしょうか。

 

この数とエッチのときの濡れやすさは比例するものです。なので、ひとりエッチでは、感じやすい場所を開発するようにしましょう。

 

ワキ、ヘソ、ふとももの内側など

いつも同じやり方では感じる場所もいつも同じ。ワキ、ヘソ、ふとももの内側などいつもと違った場所も攻めてみてください。

 

最後までイカなくてもOK。気持ちイイかもと思える段階でも効果があります。

 

最初は一人エッチというより心地よいマッサージという感覚で始めてみるとコツがつかめてくるものです。

 

そうすることで、自然と自分のカラダに性感帯が増えていくのです。これがエッチのときに役に立ちます。

 

ぜひ、始めてみてください。

page top