イク感覚がわからないときは…

イク感覚がわからない女性が知っておきたいこと

エッチが気持ちよくないことはないんだけど、いまいちイク感覚がわからないって女性が多いそうです。

 

男性の場合は「射精=放出」というわかりやすい現象があるのでイッたかどうかがわかりやすいのですが、女性にはそうしたわかりやすいものはないですよね。

 

女性にも「潮吹き」という現象はありますが、「潮を吹いたからイッた」「吹いてないのでイッない」なんて単純なものではありません。潮なんて吹かなくてもエッチでイッてる人のほうが大半です。

 

となると、イクってどんな感覚なんでしょう?
気持ちよさのピークが「イク」ことなのか?

 

ほんとに自分がエッチでイッてるのかわからない女性は知っておきたいことがあります。

 

エッチのときに「おしっこが出そう」をガマンしない

エッチのときに尿意を感じて「おしっこが出そう」になったことがありませんか?
女性には「外イキ」と「中イキ」がありますが、「中イキ」に関わっているのが尿意なのです。

 

クリトリスで感じる「外イキ」に対して、「中イキ」はGスポットで感じるもの。
膣の中のGスポットで感じるから「中」イキというわけです。

 

実はこのGスポットの近くにあるのが膀胱です。
このため最初はGスポットでイキそうになると尿意を感じるのだとか。

 

「おしっこが出そう」と尿意を感じてガマンしてしまうと、イク途中で自分でストップをかけてしまってることになります。これだとイケませんよね。

 

「漏らしちゃってもいい」と思ってガマンせずに、そのままに任せれば中イキにたどりつくのだとか。ちなみに、途中で感じた尿意は錯覚だったので、漏らすことはありません。

 

こうしたことを何回か繰り返すと、「これは尿意じゃないな」というのが分かってくるのだとか。まさにカラダで覚えるといった感じですよね。

 

ところが、最初に感じた尿意でいつもストップしてしまっていては、中イキにたどりつけません。エッチでホントに自分がイッてるのかわからない女性は、この段階のことが多いようです。

 

ぜひ、自分を解放してイク経験をしてみてください。

 

ホントの尿意か区別がつかなくてどうしても怖いなら、自宅ではなく汚しても平気なラブホなどで自分を解放してみるといいかもしれません。

page top