ローションと潤滑剤(潤滑ゼリー)の違いって?

ローションと潤滑剤(潤滑ゼリー)の違いを知って濡れる女に!

エッチで濡れないからといってローションを使ってませんか?
濡れないときに使うべきなのはローションではなく潤滑剤です。

 

ローションと潤滑剤の違いを知って正しく使いこなしましょう。

 

ローションは男性向けに使われるもの

エッチのときに使うローションは主に男性向けに作られたものです。ヌルヌルさせて感触を楽しむのがローションの目的で、男性がオナニーするときにも使ったりします。

 

もちろん二人でのエッチのときに使ってもイイのですが、女性のうるおい不足を補うものではありません。お互いのカラダに塗って、ヌルヌルした感触を愉しむためのものです。

 

女性のデリケートなところに塗ってなんてのはNGな使い方。
むしろ、ローションを使うことで濡れにくくなってしまうのです。

 

というのも、ローションの多くは「ポリアクリル酸ナトリウム」という成分が使われています。
これは水分を含むことでヌルヌルを作り出す性質があります。

 

なので、女性の膣の中の水分を吸い取ってしまうことになるんですね。
また、膣の中に入ると雑菌が繁殖する恐れもあるそうです。

 

膣内に入れてうるおいをカバーするのが潤滑剤

エッチで濡れにくい女性が膣内に入れてうるおいをカバーする目的で作られたのは、潤滑剤(または潤滑ゼリー)と呼ばれるものです。ローションとは成分が異なり、膣の中に入れても大丈夫なように作られています。

 

ネットショップなどでは、この潤滑剤(潤滑ゼリー)とローションは同じカテゴリで販売されてることが多いんですよね。で、ちょっと高いのが潤滑剤(潤滑ゼリー)という感じ。

 

濡れにくくで困っているので貼れば、ローションではなく潤滑剤(潤滑ゼリー)を選ぶようにしましょう。

 

膣の中に入れるのが不安なら塗るタイプも

ただ、成分的には安心と言われても、膣の中に何かを入れるのって不安ですよね。
そうした場合は、膣に塗っておくだけで濡れやすくなってくるというラブコスメもあります。

 

リュイールホット」というアイテム。
口コミなども豊富なので、下記からチェックしてみてください。

 

⇒ リュイールホット