お酒でエッチが濡れやすくなる?濡れにくくなる?

お酒でエッチが濡れやすくなる?濡れにくくなる?

エッチの前にお酒を飲んでおくと濡れやすくなるという説と反対に濡れにくくなるという説があります。どちらが正しいのでしょうか?探ってみました。

 

お酒で濡れやすくなる説

エッチの前の飲酒で濡れやすくなるという説が主な理由としているものは次の3つ。

  • リラックス効果
  • 血流がよくなる
  • 気持ちの問題(エッチな気分になる)

 

最後の気持ちの問題(エッチな気分になる)は個人差がだいぶあると思いますが、解放的になるという意味では程度の差はあれ誰もにあてはまるのではないでしょうか。

 

リラックス効果も含めて心理的な効果ということですかね。
お酒を飲むのが好きな人には効果的なのかもしれません。

 

反対にアルコールが苦手という人は心理的な効果は見込めませんね。
ということは、ニガテなのに無理して飲んでも意味はなさそうです。気持ち悪くなるだけで逆効果ですね。

 

お酒で濡れやにくくなる説

反対にエッチの前にお酒を飲むと濡れにくくなるという説が主な理由としているものは次の3つ。

  • 感覚が鈍くなる
  • お酒で気持ちが良くなってしまう
  • アルコールの解毒にエネルギーが使われる

「アルコールの解毒にエネルギーが使われる」は体内のエネルギーがそちらに使われてしまうので、カラダがエッチを受け入れる状態にならないということだそうです。

 

感覚が鈍くなるは飲み過ぎてしまうと確かにそうですよね。
フラフラ歩いて何かにぶつかっても痛くない(翌日に気がつく)状態では感覚が鈍いのは間違いありません。

 

ただ、そこまでフラフラならエッチどころではないですよね。フツーは。
飲み過ぎてしまったら濡れやすい濡れにくい以前の問題です。

 

お酒を飲むと眠くなるという人も注意。エッチの前に眠くなってしまってもイケませんよね(エッチの途中で眠くなる、寝ちゃうのももっとダメですが)。

 

お酒好きな人なら、エッチの前に適度に(これがむずかしいんですけどね)飲んでおくとリラックス効果もあり、エッチで濡れやすくなるようです。

 

ただし、くれぐれも飲み過ぎには注意しましょう。

page top